BEFORE
修理前
BEFORE
修理前後の状態
AFTER
修理後
AFTER

自動車メーカー

Volkswagen フォルクスワーゲン

修理メニュー

板金塗装

修理箇所

サイドシルサイドシルサイドシル
フェンダーフェンダーフェンダー

工賃

修理時間

3日~4日

エリア

キーワード

フォルクスワーゲン
アップ
キズ凹み

修理工程

損傷状態

左前タイヤの上にある、左フェンダーパネルと下のサイドシル(ロッカーパネル)に、キズ凹みの損傷があります。
下部なので死角となりやすく、縁石などにぶつけてしまうケースが多い箇所となります。今回は、ぶつかった衝撃でフェンダーパネルがフロントドア近くまでズレてしまいドアを開ける際、干渉してしまいドアが開かない弊害が生じていました。不便なのと万が一の時助手席から出れないと大惨事につながる恐れもありますので早速直していきましょう。

修理工程

板金工程

こちらは板金工程が終わった画像となります。
まず、溶接器具を使い凹んでいる箇所を元の形に戻していきます。
同時に、フェンダーパネルがドアの方にズレているので、元の位置に戻しながら隣接するパネルのチリを合わせ引き出していきます。
形が整い板金作業が終わりましたらフロントドアを取り外します。
ドアを外す理由は
・ドアをつけたまま作業を進めると、ドア付近の作業に気を遣い時間がかかる。
・塗装する際、中の方まで色が入らない。
綺麗な仕上がりを目指していますので、手間ではありますがドアを外すことが重要なポイントとなります。

修理工程

パテ作業

こちらはパテを研ぎ終えたところとなります。
板金工程でほとんど形が整ってますので薄くパテをつけ研いで、サフェーサーを吹く準備に入ります。

修理工程

サフェーサー

準備が終わりましたら、サフェーサーと言われる下地処理剤を塗布いたします。
サフェーサーは、仕上がりを良くするのに欠かせない工程で吹かないで上塗り塗装してしまうとパテや削った鉄板の跡などが塗料を吸い込んでしまい浮き出てしまいます。それを防ぐ為の保護剤となります。
サフェーサーを吹き終え乾燥したら形の最終調整の研ぎ付けをし塗装工程に入ります。

修理工程

塗装

こちらは塗装が終わった画像となります。
佐藤自動車では、外車メーカー認定塗料である「スタンドックス塗料」を使用しています。また塵やホコリをシャットアウトした最高級塗装ブースを完備しており、塗装ウエア着用し最高級な仕上がりを追求しております。

修理工程

形やツヤ感もばっちりです!

修理工程

修理完成

塗装が終わり、磨き作業を施し修理完成です。
もう、プロから見てもどこが損傷していたかわからない仕上がりになりました!

修理工程

自己診断機

作業が終わりましたらシステムに異常がないかコンピューターで確認し、問題が無いことが分かりましたので作業終了となります。

修理工程

ご用命ありがとうございました。

一人でも多くのお客様が笑顔になって頂けるよう
昔ながらの職人と最先端の技術を駆使し真心こめて営業しております。

ご用命誠にありがとうございました。

修理工程

お車修理のお問い合わせ

お電話でのご相談
044-934-1011
受付時間:月曜日~金曜日 9時~19時 / 土曜日 9時~18時 / 日曜日 9時~17時
メールでのご相談
佐藤自動車宛 メールアドレスはこちら。
LINE
佐藤自動車を友だち追加してご連絡ください。
友達追加
WEBフォーム
修理に関するご質問、ご要望などお気軽にどうぞ。
フォームで相談する

修理見積のお客様

お写真をお送りいただく場合は、メール見積り窓口に記載されている撮り方のサンプルをご覧ください。

個人情報保護方針

お客様からご提供いただく個人情報につきましては、弊社『個人情報保護方針』に基づき責任を持って管理し当該の対応のみに使用させて頂きます。お客様の同意無くして、当社以外の第三者に開示することはありません。

「個人情報保護」の取り扱いについて
 
 
 
044-934-1011 お見積り・お問い合わせ
TOP