ベンツ・BMW・アウディ等の外車修理専門サイト。キズ・へこみ、車の板金塗装。

カーコンビニ倶楽部外車修理専門SITE 外車修理専門SITEカーコンビニ倶楽部 へこんだらカーコンビニ倶楽部 Enter 修理までの流れ→
外車のキズ・へこみ修理事例
おかげさまで今年も受賞しました!カーコングランプリ2009エキスパート部門優勝

車の色作りを画像で紹介!(ポルシェ)


今回ご紹介するのは調色(色作り)についてです。

このブログで、色を作ってーとか、現車で色をあわせてーとか、簡単そうに「さらーっと」ブログで書いていますが、実際どういう行程で色を作っていくのかを紹介します♪


スタンドックス塗料



関西ペイント塗料



当店で使っている塗料は、
「関西ペイント」と「スタンドックス」というメーカーを使用しており、前者は国産車、後者は輸入車で使い分けています。

国産車と輸入車は塗料の材質が違うのでそれぞれに合った塗料を使用しています。ですのでどっちが良くてどっちが悪いとかはありませんので安心してください☺️


今回はちょっと特殊なやり方のスタンドックス製の塗料を使った調色を紹介していきます‼️


調色





まずはこの機械を使います。
これはボディの色を見る機械で、これをボディに当てて色をみます。


パソコンで!





この機械をパソコンにつないで、車体の色のデータを移します。
するとこの様に色の様子や配合を表示してくれるので、ボディに近い色を選択して配合通りに調色します。

これだけでも大体はボディに合っていますが、最終的には職人の腕で微調整していきます。これが実に難しい!

長年の経験と勘が頼りです!


スプレーガンで!







紙にスプレーガンで色を吹き付けて、ボディに置いたり電気を当てたり、色々な角度から見ていきます。

足りない色があったら足して確認、
合わなかったらまた足して確認の繰り返しです。そしてどの角度から見てもボディと合っているようなら完成です!

これが当店での調色です。

少しは佐藤自動車の仕事の様子をお分かりいただけましたか?
これからもちょくちょく仕事の様子を紹介していきます♪


お車の事であれば何でもお気軽にご相談下さい。






前のページにもどる
全てのTopicsを見る


宜しければ押してくれると嬉しいです。励みとなります。
保険修理で得しよう!
PAGE TOP